便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘解消に白湯が効果的

      2016/02/05

便秘解消に白湯が効果的

一般的に体温が高いほうが健康的と言われています。

その理由としてはいくつかありますが、まず体温が高いほうが白血球の活動が活発になり、ガンやウイルスに対しての抵抗力が上がります。体温が1度下がると白血球の活性が30%も低くなると言われています。風邪を引いた時は熱が出ますが、あれは体温を上げて免疫力を高くしようと体が反応しているのです。

体温と便秘に関しては、体温が高いと腸のぜん動運動が活発になり、消化がよくなります。また、便の通りも良くなります。そして、腸内細菌も体温が高めだと活発に働きます(高すぎると低下します)。

このため、便秘を解消するには体温を高めに、特にお腹の温度を高めにすることがおすすめです。言い換えるとお腹を冷やさないようにするのがポイントです。

お腹を冷やさないようにする方法はいくつかありますが、簡単でおすすめなのが白湯(さゆ)を飲むことです。白湯は飲めるくらいに冷ましたお湯のことです。冬はもちろん夏場でも、水分を補給するときは冷たいものを避けて温かいものを飲むようにしましょう。冷たいものを飲むと内臓の温度が下がり、体温を奪います。ですので、できるだけ温かいものを飲むようにしましょう。真夏はちょっと暑いので常温がおすすめです。

寝起きに一杯のお水を飲むと便秘に効果があると言われています。しかし、お水では体を冷やしてしまうので、白湯を飲むといいでしょう。

おすすめは寝る前に保温性のある水筒にお湯を沸かして入れておき、寝起きにそれを飲むことです。適度ぬるくなっていてちょうど飲みやすい温度になっています。寝起きの体温も上がりますし、内臓に刺激を与えて、腸の活動を活発にする効果があるのでおすすめです。

 - ニュース&コラム