便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

気温の変化や夏の疲れが秋の便秘を呼びこむ

   

気温の変化や夏の疲れが秋の便秘を呼びこむ

シリアルの販売で有名なケロッグが運営する「ブランでスッキリ!」というウェブサイトで秋の便秘に関するアンケート結果が公開されていました。

首都圏在住の20代から50代の女性約400人にアンケート調査をしたところ、秋に便秘に悩む女性は32.8%いることがわかりました。秋が特別高いかどうかは他の季節の調査結果がないのでなんとも言えませんが、一般的に季節の変わり目には便秘になりやすい傾向があります。なぜでしょうか。

気温の変化が自律神経に影響

夏から秋にかけては気温が大きく変化します。特に最近は残暑が厳しく、暑さが長引くと思ったら、急に秋めいて肌寒くなる時もあります。このような大きな気温差は自律神経に影響を与えます。腸は交感神経と副交感神経のバランスによってコントロールされていますが、これが乱れると運動が鈍くなったりして便秘になりやすくなります。

夏の飲食も影響

秋に特有なのが夏の飲食の影響です。夏に冷たいものを飲み過ぎると、腸をはじめとした内臓にも疲れがたまります。これが影響して便秘につながることがあります。

秋便秘の対策は

まず、気温差の影響をできるだけ少なくするため、服装や就寝時の布団に気を配りましょう。毎日、天気予報をチェックして、もし気温の変化が大きいと予想される場合は、調節できる服装で出かけるようにしましょう。日中は汗ばむくらいの陽気でも、夜は急に冷え込む場合があるので注意が必要です。とにかく身体を冷やさないように気を配るといいでしょう。

食事については通常の便秘対策と同様に、食物繊維を多く摂り、ヨーグルトなどの乳酸菌も食べるといいでしょう。しかし、もし症状が重い場合は専門医の診察を受けるといいでしょう。

秋はおいしいものがたくさんあって、食欲をそそられます。秋も毎日スッキリで食欲の秋を楽しみたいですね。

 - ニュース&コラム