便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

ヨーグルトにも相性がある

      2015/07/01

ヨーグルトにも相性がある

みなさんは毎日ヨーグルトを食べていますか?

筆者の場合、毎日かかさず明治の「LG21」を食べています。このヨーグルトを食べると胃腸の調子が良くて、お通じも毎日あります。

あまりに調子が良いので、宅配サービスを申し込んでしまいました。旅行や出張の時もコンビニで買って食べるくらいです。

さて、ヨーグルトにも相性があると言われています。相性の良いヨーグルトに出会うと、毎日スッキリで快適な生活がおくれるかもしれません。

では、そのようなヨーグルトに出会うにはどうすればいいのでしょうか。

とにかくためす

商品情報や菌の名前だけでは判断できないので、とりあえずひと通り試してみることをおすすめします。最低1週間、できれば2週間食べてみるといいでしょう。

試す順番ですが、大手メーカーの機能性を謳った商品から試すといいでしょう。研究・開発された菌を使っているので、低価格で「3パックいくら」というヨーグルトよりも早く見つかる可能性があります。

味や食感も重要

いくら胃腸と相性がよくても美味しくなければ続きませんし、変なストレスも感じてしまいます。基本は美味しいものを選びましょう。また、フルーツをトッピングして味を変えたり、アクセントをつけるといいかもしれません。

筆者の場合、LG21を毎日食べていますが、さすがに毎日だとちょっと飽きてきます。そこで、パンに塗るフルーツジャムをスプーン半分程度まぜて、フルーツテイストにして楽しんでいます。おすすめはブルーベリージャムです。ブルーベリーには抗酸化物質のアントシアニンがたくさん含まれています。アントシアニンは目に良いと言われていますし、腸内細菌とも相性がいいようです。ぜひ一度試してみてください。

ただし、ジャムは糖分が多いので注意が必要です。甘さ控えめでフルーツ本来の味を活かしたタイプがいいでしょう。

 

いかがでしたか?相性のいいヨーグルトに出会えると、本当に毎日スッキリした生活が遅れます。すこし時間とお金がかかるかもしれませんが、試してみてはいかがでしょうか。

 - ニュース&コラム