便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

学校のトイレがおしゃれに進化中!

      2016/11/28

学校のトイレがおしゃれに進化中!
  • 「臭い、汚い、暗い、怖い、壊れている」。頭文字をとって「5K」と言われることもある学校のトイレが変わりつつある。使いやすいようにと、子どもの意見を設計に取り入れる学校もある。ただ、改修に多額の費用がかかるのが悩みの種だ。

    明るい内装、全身鏡……。滋賀県近江八幡市の市立桐原東小のトイレはおしゃれだ。洗浄便座や水流音を響かせる擬音装置も備える。

  • 出典:学校のトイレ「5K」じゃない おしゃれに改修、各地で

冒頭の文章は朝日新聞からの引用ですが、確かに学校のトイレというと「5K」ですよね。ところが記事にもあるように、最近は変わりつつあるらしいのです。

この滋賀県の小学校の場合、トイレは青と緑を基調としたカラフルな色合いを採用しました。とても爽やかでトイレらしくない感じです。また、トイレの配置も変わっていて、男子の小便器は半円形に配置されています。もちろんすべて洋式を採用し、水流音を響かせる擬音装置(音姫?)も装備しているとのことです。

また、別の大分県の中学校の場合、男子トイレをすべて個室にしています。すべて洋式で明るい色使いのトイレに個室が10個ほど配置されています。

本当に進化していますね。驚きです。

子どもの便秘解消に役立つかも

以前に子ども特有の便秘の原因という記事を書いたのですが、実は子どもの中にはトイレでのうんちが恥ずかしくて、我慢するうちに慢性の便秘になってしまう子がいるらしいのです。確かに私が子どもの頃も、トイレで大をするのは恥ずかしかった記憶があります。また、最近はほとんどの家庭は洋式便器ですが、学校の場合は和式の割合も多くて、やりにくいという理由もあるそうです。

トイレがキレイに改装されれば、学校でうんちをすることのイメージも改善されて、便秘の問題も解消されるかもしれません。そしてそれは子どもの健康や健やかな成長につながるのではないかと思います。

ただし問題も

トイレの改装はメリットが多いのですが、ただ、多額の費用がかかるのがネックになっているそうです。例えば冒頭の引用にある滋賀県近江八幡市の場合、市内の12小中学校のトイレを改修したのですが、平均で1校あたり8,000万円の費用がかかったそうです。かなりの金額ですよね。この金額の場合、学校単独ではなかなかできないですね。

これから少子化に向かって、学校も統廃合されていくと言われています。トイレを改修するならそのタイミングかもしれませんね。

できるだけ多くのトイレが、早い時期に改修されるといいですね。


 - ニュース&コラム