便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

高速道路の男性トイレに変化が起きているらしい

   

高速道路の男性トイレに変化が起きているらしい

高速道路を走る時、ほとんど方がサービスエリアやパーキングエリアのトイレを利用しますよね。最近はサービスエリアもいろいろな趣向をこらして、ご当地グルメを販売したり、アトラクションや温泉設備を整えるところも出てきました。しかし、サービスエリアの基本は「トイレ休憩」ですよね。

高速道路のトイレですが、最近少し変わってきているらしいのです。

  • 汚い、暗い、くさい――「3K」とかつて言われた高速道の男性トイレのイメージが様変わりしている。生活習慣の変化があるのか、「大」の個室に長居する人も増えているらしい。西日本高速道路(ネクスコ西日本)は、小便器を減らして大便器を増やす工事を進めている。

  • 出典:男性トイレ、居心地いいね 「大」増え「小」減る高速道

自宅でも洋式トイレが中心となってきて、トイレの使い方が少し変わってきてきているらしいのです。トイレは単に用を足す場所ではなく、スマホをいじったりする、個人のスペースという意味合いも出てきていると言われます。

この流れを受けて、「大」の数を増やし、そしてさらに快適に過ごせるように色使いやデザインも変わってきているといいます。

トイレがキレイでオシャレだと気持ちが良いですよね。逆に汚くて、暗かったりするとテンションが下がりますよね。こういった快適なトイレが増えることは歓迎したいです。

あたなも次のドライブでサービスエリアのトイレをチェックしてみてください。

 - ニュース&コラム