便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

洋式トイレと便秘の関係

      2016/03/19

洋式トイレと便秘の関係

みなさんのご自宅のトイレは洋式ですか?和式ですか?
現代ではほとんどの家のトイレは洋式だと思います。

和式の割合は減ってきていて、古い家屋、駅、公共施設などにあるくらいではないでしょうか。

筆者の場合、高校生くらいまで自宅が和式でした。途中でリフォームして洋式になりました。和式だった頃は、外出先で洋式だとかなり違和感を感じました。しかし、洋式に慣れた今では、和式に違和感を感じます。

さて、実はこの洋式トイレと便秘に関係があることがわかってきました。

注目されているのは、洋式トイレに座った時の姿勢です。

実は、人間の直腸(腸の最も出口に近いところ)は、立っている姿勢の時は角度が付いていて、便が出にくくなっています。そしてちょうど和式トイレに座った姿勢になったとき、角度がなくなって便が通りやすくなります。

一方、洋式トイレに座ったときはどうでしょうか。
ある程度、角度はゆるくなるのですが、和式トイレに比べて少し角度が残っています。少し便が通りにくそうですよね。

洋式トイレは和式トイレに比べて、便の通りが少し悪いんです。これが便秘の原因になっている可能性があります。

洋式トイレを使う時のポイント

和式トイレの方が排便に適しているとわかっても、今さら和式には戻れないですよね。実は洋式トイレでも少しの工夫で和式に近づけることができるのです。

まずは、少し前かがみになることです。こうすることによって、和式トイレのような姿勢に近づきます。

そしてもう一つは足の下に踏み台などを置いて、足を高くすることです。そうすると、かなり和式に近づきましたね。
実はこの踏み台、商品として販売されていて、アメリカではサニタリー商品の人気ランキング1位にもなるほどの人気らしいのです。

日本ではアマゾンでも販売されています。
ここの図を見ると私が説明していることが一発でわかると思います。

この商品、カスタマーレビューをみるとかなり評価が高いようです。
便秘に悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

Squatty Potty(スクワティポティー) 洋式トイレ用足置き台(トイレ踏み台) 高さ 18 cm (7inch)

 - ニュース&コラム