便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘に効く運動

      2015/05/08

便秘に効く運動

便秘に腹筋運動

★ まずは腹式呼吸から!

便秘を改善するには、食事療法・ツボ押しなど、様々な方法があります。その中の1つとして、もちろん腹筋運動も含まれています。 しかし、急激な腹筋運動をし続けてしまうと、身体を痛めてしまったり(筋肉痛)長続きしなくなるのも事実だと思います。 ここでは手軽に誰にでもできる腹筋運動をご紹介したいと思います。

呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸があります(主に女性は胸式呼吸、男性は腹式呼吸)。このうち腹式呼吸を毎日、5〜10分数回繰り返すことで腹筋が鍛えられるのです。 何故なら、腹式呼吸をすることによって腹腔の内圧もグンとアップし、その刺激によって胃腸の働きも活発になるからです。そして、腹筋も鍛えられ腰痛予防の効果にもなります。もちろん消化機能改善(胃腸全体)によって便秘も解消されます。 腹式呼吸の仕方として、お腹に手を当てて「息を吸った時お腹が膨れ、息を吐いた時お腹がへこむ」 この状態を意識しながら実践してください。とくに息を吐くときは、息を吸う時の2倍時間をかけるようにしてください。体内のいらないものすべてが出ていくような感覚で…。 慣れないうちは戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば立った状態でも椅子に腰かけた状態でも気軽にできるようになります。 例えば電車・バスに乗る通勤時間に腹式呼吸を実践してみてはいかがでしょうか。

腹式呼吸は直接、腹筋に負荷がかかるわけではありません。気長にゆっくりと自分自身ができる範囲内で、毎日続けることができます。

便秘に効く体操・ストレッチ

★ 便秘は腰と背骨を重点的にストレッチ!

ストレッチは運動と一線を画しています。何故なら、ストレッチは運動前後の筋肉や筋をほぐすことが目的とされているからです。 ストレッチをする時、筋肉・筋を伸ばそうとする感覚ではなく、テンション(緊張)を与える感覚を身につけてください。そして、徐々にテンションを緩める感じです。
つまり、筋肉・筋にテンションを与えることによって筋肉内に澱んでいた血液を外に押し流し、テンションを緩めることによって新たな血液が筋肉・筋に流れ入っていくわけです。

実際、実力のあるスポーツ選手になればなるほど、ストレッチを入念に行っているはずです(メジャーリーグベースボールのイチロー選手など)。 傍目は何も変わらないのですが、体内では十二分に血液が流れているのです。また同じような観点から、マッサージも同様の効果があると言われています。 では、便秘に効くストレッチをするには、どの部分をしたらいいのでしょうか。便秘だから腸(腹)をストレッチすればと思っている人がほとんどではないでしょうか。実は腰と背骨を重点的にストレッチしなければなりません。

まず、両足を伸ばしてうつ伏せ状態になります。そして両手を脇腹の両サイドに構えてください。肘を伸ばしながら上体を上げていってください。これがテンションを与える姿勢になっているわけです。そして、徐々にテンションを緩めてうつ伏せ状態に戻していきます。 もちろん腰と背骨のストレッチにもなりますし、腹筋にも効果があります。アシカ・オットセイ・セイウチをイメージしていただけたらわかると思います。

 - 未分類