便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘解消法の基礎

      2015/05/08

便秘解消法の基礎

便秘に効く飲み物って?

★ 便秘解消には食物繊維たっぷりのココアがおすすめ

便秘の原因は何といっても水分不足があげられます。
人の1日に必要な水分は1.5〜2リットルと言われます。
便秘解消には食物繊維がイチバン。食物繊維を含む飲み物といえば、ココアです。ココアは食物繊維の中でも水溶性食物繊維に分類され、他の食べ物と一緒に体の中でゆっくり吸収されます。コレステロールの吸収を抑制する働きもあるため、生活習慣病予防にも効果的です。
にがりが便秘解消に効く、という話を聞いたことはありませんか?にがりの成分は塩化マグネシウムなどのミネラル。塩化マグネシウムは、腸内で失われた水分を取り戻す働きをもちます。腸内の水分不足は、便を固くし出にくくするので、便秘の元凶。また、にがりには体内の老廃物を排出する役割もあるので、便秘を解消するサプリメントとしてトライするのもいいですね。 最近ドラッグストアでも箱積みされているマグネシウム含有のミネラルウォーターも、便秘には力強い味方です。にがり同様、腸内の水分不足を解消するため、便を出やすくする効果があります。ルイボス茶など、便秘にいいとされるお茶にもマグネシウムが豊富に含まれているものがあるので、ためしてみては?

「朝コーヒーを飲むと、おつうじがくる」という経験はありませんか?確かにコーヒーは一時的に便秘を解消してくれます。それは、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインが、腸の収縮を促進する神経に作用し、下剤のような働きをおこすもの。習慣化してしまうと、腸本来の機能を妨げ、逆に便秘になってしまうので、注意が必要です。

これって便秘の症状!?

「毎日出さないと我慢できない」「1週間なくても平気」など、人によって、排便に対する感じ方は様々。ひとことに「便秘」といっても、そのとらえ方には個人差があるんです。
「自分は便秘なんだろうか?」そんな疑問もわいて不思議ではありません。便秘とは一体どういう状態のことをいうのでしょう。 医学的には、3日間排便がない状態のことを便秘と呼びます。便が腸の中に長時間とどまり、水分が奪われ固くなった便は、外に出にくくなります。それが不快感を呼び、いわゆる「便秘」になります。2〜3日に1回でも、それが当人にとって快便な状態であれば健康と呼べますし、毎日おつうじがある人でも、便が残っている感じなど不快感を伴うものであれば、便秘と言えます。
また、便自体が固く、何分間もトイレに閉じこもらないと出なかったり、排便時に痛みをともなうものであれば便秘と言えます。健康な便はバナナのような柔らかさで、便器の中で形が崩れない程度の軟らかさが理想的。逆に、いきまずに便座に座っただけで出たり、形状が崩れている状態では、軟らかすぎると考えられます。

便秘は、精神的ストレスによって大きく左右されます。3日に1回ぐらいのおつうじしかなくても、それが固い便ではなく、膨満感や腹痛などの症状がなければ、それがあなたの自然なリズム。「便秘なんじゃないか?」と悩んでしまうと、かえって逆効果を与えるので、おおらかにゆったりかまえて、快適快便ライフを過ごしましょう!

 - 未分類