便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘とビフィズス菌

      2015/05/08

便秘とビフィズス菌

便秘とビフィズス菌について

便秘に悩んでいる人は、ビフィズス菌を取り入れましょう。
ビフィズス菌とはよく聞く言葉ではありますが、どんな働きをしてくれるのか知らない人も多いと思います。これは乳酸菌の一種で、その名の通り乳酸を作ってくれます。
乳酸菌には腸内の悪玉菌を減らす力がある他、大腸を酸性にする力を持っています。 酸性にされた大腸は蠕動運動が活発になるので、便秘の症状に悩んでいる人には効果が抜群ということです。 胃に関する病気になってしまった人を検査すると、多くの場合で悪玉菌が目立ちます。 便秘予防・解消だけでなく病気の予防にも効果があるので、積極的に取り入れ、 便秘解消のためにビフィズス菌を取り入れる場合は、出来れば毎日少しずつがおすすめです。 一度体内に入ったらかといって無限に増殖してくれるわけではありません。
体内に居る期間は約一週間ほどだと言われているので、定期的にビフィズス菌を取り入れることが大切となります。 また、ストレスを感じやすい環境にいると、健康な人に比べて早くビフィズス菌が減ってしまうので、疲れていると感じている人は毎日取り入れることがおすすめです。

嬉しいことに便秘だけでなく下痢も解消することが出来ます。 便秘と下痢を繰り返す体質の人もいますが、そのどちらにも効果があるので、便に関する様々な悩みを解消してくれると思っていいでしょう。 更に見逃せない効果として、ビタミンを生成してくれるというメリットまであるので、美しく健康になりたい人には特におすすめです。

ビフィズス菌で便秘を改善しましょう!

バランスの取れた食生活を送っていれば、必ずしも腸内のビフィズス菌もたくさんいるというわけではありません。 自分の体内にちゃんとビフィズス菌がいるかどうかというのは便から判断することが出来ます。
ベストな状態とされる便の様子は、色は黄褐色で量はバナナ状、水分を含んでいて適度に柔らかく、臭すぎないものです。
便秘の人でこういった便が出せていないという人は、ほとんどビフィズス菌が足りていないと判断することが出来るでしょう。 腸内に悪玉菌が多くなってしまうと、状態がアルカリ性になってしまい、腸の働きが弱められてしまいます。
また、ビフィズス菌を効果的に増やすにはオリゴ糖も一緒に食べたほうが効果は高いです。
便秘になってしまった人は、肌荒れにも悩まされがちになってしまいますが、ビフィズス菌はビタミンも合成するので、肌荒れを解消することも出来ます。

何歳くらいになったらビフィズス菌を取り入れたほうが良いというのはありません。
人が生まれたての頃は腸内にはビフィズス菌がたくさんいますが、年を取れば取るほど体の中からなくなってしまいます。 出来ればまずは10日毎日続けることからチャレンジしてみましょう。
1日や2日続けただけで症状が改善するわけではないので、すぐに諦めず続けることが大切です。特に高齢者の人は腸内のビフィズス菌が極端に少なくなってしまいがちなので、ビフィズス菌対策を続けるだけで便秘が解消することも多いです。

 - 未分類