便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

乳酸と便秘

      2015/05/08

乳酸と便秘

乳酸菌の働き

★ 乳製品をしっかり摂取し、健康を維持しましょう!

人間の腸には数百種類・約100兆個にも及ぶ細菌が存在します。それら多種多様な細菌の集団を腸内細菌叢とよびます。そして、腸内細菌叢は善玉菌と悪玉菌に分類されます。
善玉菌=腸内を酸性化することによって、有害な菌をやっつけ免疫力を高め、健康維持を保ってくれます。 悪玉菌=腸内をアルカリ性化にすることによって、健康を損なう有害物質を作り出し、免疫力を低下させます。
腸内で悪玉菌を蹴散らし、善玉菌を増やしてくれる効力を持っているのが乳酸菌です。 みなさんは乳酸菌を豊富に含んでいる食品といえば、何を想像されるでしょうか。
ヨーグルト・チーズ・バター・キムチ等々の乳製品、馴染みのある食品ばかりです。しかし、乳酸菌だけなら胃・十二指腸内部で、ほとんど死滅してしまいます。そこで乳酸菌の効力を高めるためにビフィズス菌が着目されたのです。 乳酸菌とビフィズス菌が結びつくことによって、乳酸菌が腸内にきちんと定着することが出来るようになりました。 それによって善玉菌である乳酸菌は、腸内で発生するアンモニアなどの有害ガス・有害物質、つまり悪玉菌の増殖を防ぐ格好の菌になったわけです。

朝、食事を摂る時間がない時、乳製品のヨーグルトを飲むだけでも体内の活性化に繋がり、便意を促進する作用があるというのは、こういうことから理解されたと思います。 便秘に効く、便秘にならないためにも乳製品をしっかり摂取し、健康維持に努めてください。

乳酸と便秘

★ 乳酸菌には植物性と動物性の2種類がある。

便秘薬を使わず安全で自然に便秘を治したい人には乳酸がおすすめです。 便秘の人は腸の状態が安定していなかったり乱れていたりすることが多いので、腸内の善玉菌を乳酸で増やしてあげましょう。
乳酸には腸のぜん動運動を促す働きがあるので、それによりスムーズな排便をすることが出来るようになります。 他にも悪玉菌が住みづらいと感じる環境を作ることにも繋がるので、是非毎日取り入れてみてください。 乳酸菌はどんなものに含まれているのかというと、チーズやヨーグルトといった発酵入植品に多く含まれています。 他にもキムチなどの発酵食品にも含まれているので、毎日の献立の中でこれらを取り入れることが出来るメニューを考えてみるといいですね。 ちなみにチーズやヨーグルトに住んでいるのは動物性乳酸菌、キムチなどに住んでいるのは植物性乳酸菌と呼ばれます。 植物性乳酸菌は熱に弱いという特徴を持っているので、乳酸菌を摂取する目的で食べるのであれば、加熱せずに食べるようにしましょう。

大切なことは生きたままの状態で腸に届けてあげることです。 ただ、これらの食品を毎日食べることが難しいという場合もありますよね。 好き嫌いなどでも食べ続けることが難しくなってしまうので、サプリメントやドリンクで取り入れるといいでしょう。 様々な種類が販売されていて価格もいろいろなので無理なく続けられるものを探してみてはどうでしょうか。 症状が重い便秘なのであれば、これらに加えて食物繊維も多く取り入れるようにしましょう。

 - 未分類