便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘とオリゴ糖

      2015/05/08

便秘とオリゴ糖

便秘とオリゴ糖の関係とは!?

★ 大人はもちろん、お子様にも安心のオリゴ糖

便秘を解消出来る方法を探している人は、オリゴ糖を検討してみてはどうでしょうか。 テレビなどでよく聞く言葉ではありますが、その働きなどを知っている人は少ないかと思います。 オリゴ糖は、腸内に住んでいるビフィズス菌を増殖させる働きを持っています。 ビフィズス菌は便秘解消のために欠かせないものですが、その働きを強化させることが出来るということは、便秘を早く治すことに繋がります。
ビフィズス菌で有名なのはやはりヨーグルトです。 ただのヨーグルトを選ぶのではなく、オリゴ糖が含まれているものを選択することで高い効果が期待出来るでしょう。 オリゴ糖は善玉菌の餌となり、善玉菌が住みやすい環境を作る手助けをしてくれます。 ビフィズス菌単品ではなかなか便秘解消効果が得られないので、一緒にオリゴ糖も摂取しましょう。
人によってどれくらいで効果が出てくるかは違うので、出来れば毎日取り入れるようにするのが一番効果的です。 特に朝は腸の活動が活発になるので、朝食にオリゴ糖入りヨーグルトを取り入れるのがおすすめです。 簡単に様々な食材にふりかけたり混ぜたりして使うことが出来るタイプのものも販売されています。 便秘薬を使い続けてしまうと癖になり、どんどん効果が薄くなってきます。 出来れば体に良い成分で便秘を解消したいものです。

小さいお子様でも安心して飲むことが出来る成分なので、子供の便秘に悩んでいる人も検討してみてはどうでしょうか。 価格は商品によって大きく違うので比較しましょう。

オリゴ糖で便秘を改善させましょう!

オリゴ糖を便秘解消に利用するメリットは、安心して使うことが出来るという点が大きいです。ドラッグストアを覗いただけでもいろいろな種類があって、どれにしようか迷ってしまうと思いますが、オリゴ糖の種類によって効果も違ってきます。
説明をよく読み、便秘解消効果を説明しているものを選択するのが良いと思います。 一日あたりに摂取すべき量とされているのが5g〜10g程度なので、何日分なのかも合わせて確認したいですね。 毎日どうやって取り入れようか迷っている場合は、料理に使うのがおすすめです。 オリゴ糖の嬉しい特徴として、熱に強いという点が挙げられます。 更に甘みがあるので、煮込み料理に使うことも出来ます。 カロリーもそれほどないので、砂糖の代わりに使ってみてはどうでしょうか。 甘さが必要な料理であればほとんどに違和感なく使うことが出来るので、健康のために毎日の食事に取り入れてみましょう。
砂糖の代わりになるとするとカロリーが気になるところですが、1g2キロカロリーしかありません。 普通の上白糖は1gで約4キロカロリーなので半分ですね。

ダイエットを考えている人にもおすすめです。 他の成分が配合されているオリゴ糖もあるので、カロリーを気にする場合は粉末のオリゴ糖しか入っていないものを選択するといいでしょう。 価格を比較する際も、100%オリゴ糖なのかどうかを確認して比べる必要があります。 中には30〜50%くらいしか含まれていない場合もあるので注意しましょう。

 - 未分類