便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘と酵母

      2015/05/08

便秘と酵母

便秘と酵母の関係

★ 意識して酵母を摂ることも大切

酵母が便秘に効くというのはご存知でしょうか?
どんな働きをするのかというと、腸内に溜まってしまった便を排出させる効果があります。 便秘になってしまっている人は、食べ物などの関係で便の元となるものが少ないか、便はちゃんと出来ているのにそれが外に出てきていない人が多いです。 他にも腸内に住んでいる悪玉菌を減らす作用もあるので、体から発する嫌な臭いを消しさることも出来ます。
パンにはイースト菌と呼ばれる酵母が入っているのは有名ですよね。 同じように普段よく食べる食品の中にも酵母を使ったものは多いです。 知らず知らずのうちに食べているかもしれませんが、意識して摂取することにより、更に腸内の活動を活発化させることが出来ます。
腸内は激しい蠕動運動を行っていますが、そんな場所に住むことが出来る酵母菌は食品の他、粉末やサプリメントで販売されています。 昔ながらの食べ物を自分で発酵させるという方法では臭いが強くなってしまう可能性もある上に面倒、難しいので、自分で作るより市販のものの中から気に入るものを選んで購入したほうがいいでしょう。 最近胃が弱くなってきたなと感じたら酵母が特におすすめです。
ストレスや食生活で簡単に痛んでしまう臓器なので、酵母で強くしてあげましょう。 腸内の掃除をして、健康な状態に保つための手助けをしてくれます。 善玉菌などの腸内細菌を活発にし、バランスを取ってくれるので、ヨーグルトなどで善玉菌を増やしながら併用するといいでしょう。

酵母で便秘を改善させましょう!

酵母は妊婦の便秘にも効果があります。
妊婦の場合はお腹に赤ちゃんがいるわけなので、便秘薬は出来るだけ使わない便秘解消を行いたいですよね。 とても安全に取り入れることが出来るので、酵母を検討してみてはどうでしょうか?(事前に必ず主治医に相談して下さいね)

酵母を取ることによって最初に感じることは、便の回数が増えることです。 今まではウサギの糞程度の小さなものしか出なかったのに、バナナ状の大きなものが簡単に出せるようになる人も多いです。 腸内にいる悪玉菌は、便秘を引き起こしますが、餌となるたんぱく質・脂質を分解する働きも持っています。 このため、悪玉菌よりも善玉菌のほうが優位になり、便秘解消に繋がります。 注意しておきたいことは、出来るだけ継続して取り入れるということです。 例えば、便秘になる大きな原因が食生活にあった場合、この食生活を改善しないと根本的に便秘を治すことは出来ません。
酵母を摂取すると一時的に便秘を治すことが出来ますが、あくまで一時的なものです。 いつまでも腸内に住み続けてくれるわけではないので、食生活を改善しないと元の状態に戻ってしまうということを覚えておきましょう。 酵母を飲めば便秘が治るからと考えるよりは、酵母を使わなくても便秘にならないような生活を考えていくことも大切です。

酵母選びをする際は、生きたままの酵母菌が取れるものがおすすめです。 酵母関係のサプリメントや商品の中には生きているものと死んでいるものがありますが、生きているもののほうが腸内環境の改善に役立ちます。

 - 未分類