便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘と食物繊維

      2015/05/08

便秘と食物繊維

食物繊維は万能?

★ 「すっきり」を目指すなら食生活やライフスタイルの見直しも必要です

アメリカでは市販の便秘薬の年間売上が7億ドルにも及ぶほど、便秘は深刻な問題となっています。
動物性食品に偏った食事が、便秘に陥りやすいのは当然といえますが、日本でも急速に食生活の欧米化が進み、大腸がんの死亡率は肺がんや胃がんとならびトップとなっています。便秘はもはや、先進国では切っても切れない病気といえそうです。
ベルリンの大学の研究による、食物繊維に関する新しい報告書が発表され、一般的に言われる便秘解消法は、十分な水分、規則正しい生活、適度な運動。そして、食物繊維の多い食事です。 しかし、ベルリンの大学Dr.Muller-Lissner氏の研究によると、便秘を訴えるグループを集めて実験を行ったところ、食物繊維は必ずしも便秘解消にはならない、という結果がでました。また、水分補給そのものも排便を促す効果はなく、運動にいたっては、体力が衰えがちな高齢者には効果を発揮しても、若年層には排便へ導くような効果はないということです。

排便を促すのに最も効果があるのは、やはり便秘薬だと研究者は言います。適切な量を使用していれば、体を麻痺させる危険もなく便秘解消に役立つそうです。 最も危険なことは、慢性的な便秘からガンなど怖い病気を引き起こす可能性である、と指摘しています。
便秘はその人のライフスタイルや食生活、腸内環境やストレスなど様々な要因が組み合わさって起こっている現象。付け焼刃的な対処法ではなく、長期的な視点で、習慣化しないよう改善していくことが大切ですね。

食物繊維で便秘を改善させましょう!

★ 食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あります!!

食物繊維で便秘を改善!! 便秘には昔から食物繊維を取るといいと言われています。
一日に取ったほうが良いとされる目標摂取量は25gです。
しかし、ほとんどの人が平均15g程度しか摂取出来ていないという結果が出ているので、周りの人より意識して野菜を食べたりしていなければ、ほぼ間違いなく摂取量不足といえるでしょう。 日本では昔ながら野菜を中心とした食生活を送っていましたが、現在は海外の食文化が入ってきたことにより、便秘になってしまった人が増えていると言われています。
食物繊維には便に水分を含ませ柔らかくし、排便をスムーズにしてくれる効果があるほか、便の量を減らし、便意を感じやすくしてくれます。 それから、水溶性と不溶性の2種類があることも覚えておきましょう。
不溶性は人参やごぼうなどに含まれていて、便の量を増やしてくれるものです。
水溶性食物繊維のほうは血糖値の上昇を緩やかにするなどといった働きがあり、こんにゃくや海藻・果物に多く含まれています。

この2種類の食物繊維は組み合わせて摂取することで効果が高まります。
特に硬くて臭い便が出ている場合は、食物繊維が足りていない可能性が非常に高いです。
毎日野菜を食べていたとしても野菜だけで大量の食物繊維を取ることは難しいので、サプリメントやドリンクを利用して効率よく摂取出来るようにしていきましょう。
やはり便秘薬を使い続けても、便秘体質は改善することがないので、日頃の食生活から改善出来るように努力することが大切です。

 - 未分類