便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

子供と便秘

      2015/05/08

子供と便秘

子どもと便秘ついて

★ 子どもは便秘を理解していないので親が注意を!

赤ちゃんの頃に便秘がちだった子は、幼稚園、小学生になってからも便秘を繰り返しやすくなってしまいます。
ここでは子どもの便秘の原因についてご紹介します。
まず、上記のように赤ちゃんの頃に便秘をしてしまった場合です。 こうなることで直腸が伸びてしまい、便が直腸までたどり着いたにも関わらず、それを感じづらい体になってしまうんです。 そうなると今度は排便を感じないという状態になるので、どんどん体の中に便が溜まってしまいます。 次に我慢している場合。 子どものころは注射などの痛いことを非常に嫌う子が多いですよね。 例えば、便が固いとか力を入れないと出ない状態になってしまうと、排便をするのが困難になり痛みを感じます。
これにより排便は痛いものと認識してしまい、出来るだけトイレに行かないように、排便をしないようにと考えてしまいます。 もちろん我慢すれば我慢しただけ便秘は悪化してしまいます。

お母さん・お父さんが知っておきたいことは、便秘を相談された時に簡単に聞き流してしまわないことです。 子供のうちは、便秘という症状すら把握していない子がほとんどです。 お腹が痛い、お腹が張っている、気分が悪いといった症状を訴えられた時に、排便はしっかりあるのかを確認してあげましょう。 症状が悪化してしまうと、便意がなくても勝手に漏れてしまうことがあります。 これはイジメの原因にもなりかねない大変な症状なので、出来るだけ早く気付いてあげることが大切です。

子供の便秘を改善させましょう

子どもの便秘を改善するための方法は、基本的に大人と同じです。 ただ、どうしてそれをやったほうがいいのか、という点は理解出来るまでちゃんと教えてあげるようにしましょう。
何のためにやるのか分からないと続けたがらない子どもが多いです。 まず食生活の改善です。 子どもが好き好むものばかりではなく、野菜を取り入れましょう。 便秘には食物繊維が有効ですが、これは子どもも同じです。 ですが、昨日まではお肉ばかりだったのにある日突然野菜ばかりになっても子どもの多くは受け入れてくれないので まずは少しずつ取り入れていきましょう。 たくさんの野菜を入れることが出来るのがスープです。 味付けは子供が好きなものにして、野菜たっぷりスープを作りましょう。 基本的な考え方として、子どもが喜んで食べられる野菜料理を探すことから始めてみてはどうでしょうか。

朝食を食べないで学校に出かける子どもが近年急増していますが、これも便秘の原因になってしまいます。 朝は朝食を食べて排便の時間がしっかり取れるように早目に起こしましょう。
運動をあまりしない子どもも便秘になりやすいです。 学校から帰って来てからとか、休みの日はずっと家の中でゲームをしている。 こんな場合は一緒に体を動かして遊べる方法を考えましょう。 それからトイレは我慢しないようにすることをしっかり教えてあげましょう。 学校では行きづらいこともありますが、家でも好きなことに熱中してトイレを我慢している子がいるので、一度話をしましょう。

 - 未分類