便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

妊娠中の便秘

      2015/05/08

妊娠中の便秘

便秘は女性の病気!?

★ 女性の便秘はホルモンの関係が原因!!

男性も便秘になりますが、「便秘」といえば、圧倒的に女性の患者さんが多いのが現状です。ほとんどの便秘薬のコマーシャルは女性を対象につくられていますし、実際、便秘薬のお世話になった事のある女性は多いのです。
便秘は色々な要因が重なって起こりやすいのですが、特に女性の場合は、ホルモンの関係により陥りやすい事が知られています。 女性ホルモンである、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、腸の働きを抑制する働きがあります。妊娠中はもとより、毎月の排卵から次回の生理が起こるまでの間(体が妊娠した場合に備えます)、このホルモンが分泌され、女性は便秘に悩まされる事になるので 毎月の生理が始まると、便秘がうそのように直ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

また、妊娠中にお腹が大きくなる事で、子宮が腸を圧迫してしまい、腸の幅がせばまり排便がしづらくなるのも原因の一つです。 環境的な要因も大きいでしょう。女性は公共の場で排便するのを恥じる傾向がありますから、便意を催しても我慢してしまい、結果的に便意を感じなくなってしまうこともあります。なるべく決まった時間に排便する癖をつけると 改善されます。
女性は腹筋が弱いのも便秘になりやすい理由にあげられるでしょう。同じ理由から高齢者も便秘になりがちです。身体構造からいっても、女性は便秘になる要因が多いですから、普段から定期的なお通じを心がけたほうが良さそうです。

妊娠中の便秘

★ 妊娠中の便秘を予防するには

妊娠中はどうしても便秘になりやすいと言われています。 その理由は、赤ちゃんが大きくなるのにつれて子宮も大きくなり腸が圧迫されてしまうということと、ホルモンバランスが妊娠していない時に比べて崩れやすくなっているからです。
妊娠したら、便秘になりやすいということをしっかり意識し、予防に努めることが大切です。 仮に悪化させてしまうと痔の原因にもなってしまい、出産が困難になる場合もあります。 妊娠中だからといって特別な改善方法はなく、通常の便秘改善方法と同じものを実践しましょう。 食物繊維を意識して摂取すること、食事の時間を整えることなどです。 あとは、体の負担にならない程度の運動も取り入れましょう。 特につわりがひどい人などは横になってしまいがちですが、ずっと横になってばかりだと腹筋が衰えてしまい、便秘の原因にもなります。 体調が良い時だけでも軽い運動を取り入れられるように頑張りましょう。 妊娠をする前から便秘癖がある人は、妊娠をすることで更に状態が悪化してしまうケースがとても多いです。 妊娠してからでは思うように動くことが出来ないので、出来ればその前にしっかりと治しておきたいですね。

なお、便秘についてわからないことがあれば、必ず産婦人科で相談しておきましょう。運動や便秘薬の使用についても自己流で行わず、必ず事前に相談して下さい。

 - 未分類