便秘解消ナビ

便秘についての最新情報を更新中!

便秘とは?

      2015/05/08

便秘とは?

便秘の種類

★ あなたはどの便秘でお悩みでしょうか。

どうもお腹の中に何か溜まっている感じがする…便秘って本当にイライラしてしまう現象です。 そんな便秘にも種類があります。
急性便秘と慢性便秘です。
急性便秘とは、例えば友達同士で旅行に行ったとします。その地域の美味しい物をたくさん食べても、何故かお通じが一向にくる気配がない、つまり旅行など環境の変化や食べ物の変化によって便が出にくくなる症状を急性便秘といいます。
慢性便秘とは、器質性便秘と機能性便秘に分類されます。器質性便秘は腸に便が癒着して、腸の圧迫やただれを引き起こす症状をいいます。万が一ですが、直腸ガンなどの病気に関わる場合がありますので、薬屋などで売っているものは使わず、必ず病院の専門医に相談することをお勧めします。

機能性便秘は弛緩性便秘・直腸性便秘・ケイレン便秘の三つに分類されます。
●弛緩性便秘…多くの人がこのタイプです。老廃物を押し出す腸のゼンドウ運動が弱いため、便意をあまり感じなくなる症状です。
●直腸性便秘…普通、便が直腸に達したら便意をもよおしますが、ゼンドウ運動が始まらず便秘になってしまう症状をいいます。直腸性便秘は、トイレに行きたいのに我慢し続けたり、痔が痛いので便意を我慢する等々が原因として挙げられます。
●ケイレン性便秘…大腸のゼンドウ運動が激し過ぎるため、逆に便の通過をふさいでしまい便秘になる症状をいいます。

このように便秘にもいろいろな種類があり、その時の状況によっても対処の仕方があるわけです。 (ゼンドウ運動=腸に入ってきた食べ物を肛門から排便するまで、内容物を移動させる役割をする運動)

こんな毎日が便秘をつくる

朝は忙しくてコーヒーだけ、トイレに行く時間もない。
一日中パソコンの前に座っている。食事はコンビニ弁当で済ませる。ネットで夜更かし。ついスナックやお菓子に手が伸びる・・ あなたはそんな毎日を過ごしていませんか?
便秘と生活リズムは、深く結びついています。知らないうちにあなたは、便秘になりやすいライフスタイルを送っているかもしれません。
便秘になりがちな人の特徴は、「夜型」。人間は本来、昼間は活動して、夜は寝るという自然のリズムが組み込まれています。夜中心の生活を続けていると、体のバランスが崩れ便秘などの弊害をもたらすのです。
朝起きて朝食を取る、というのは眠っていた体を活性させ、腸を刺激し排便を促す役割があります。この体のメカニズムを無視してしまうと、便秘になりやすくなるのです。朝食は健康な一日の要です。ちょっとがんばって早起きしてみませんか? 現代の生活は、慢性的運動不足に陥りがちと言えます。特に一日中座りっぱなしの仕事だったり、車中心の生活だったり・・。
歩くことは、腸の刺激に最適の運動です。エスカレーターでなく、階段で行く。自転車はやめて徒歩で行く、など積極的に体を動かすよう努めたいですね。
忙しいと、ついコンビニ弁当やファーストフードを利用してしまいますが、利便性を追求した食事を続けていると、栄養も偏り体も不調をうったえます。便秘解消には何といっても食物繊維が必要です。食物繊維を含む食品は、食べ過ぎを抑えるので、ダイエットにも効果的。野菜や豆、海藻たっぷりの、ヘルシーな食事を心がけましょう!

また、夜遅くおやつを食べると、食べ物が胃の中に残り、朝起きても食欲が出ません。結局朝食なしという悪循環をもたらすので、夜は○時以降は食べない!と決めるのもいいですね。

 - 未分類